マツダの鼓動デザイン

マツダの鼓動デザイン

自動車メーカーとしてのマツダはトヨタや日産などと比べても会社の規模がはるかに小さく、規模に比例して販売している車種も少な目となります。

 

しかも他社からのOEM供給車もあるので(スズキのワゴンRや、ハスラーなどが名前を変えてマツダから販売されています)、マツダが独自に開発・販売している車種となるとさらに少なくなります。

 

マツダが独自に開発している車種の中ではスカイアクティブと呼ばれる技術を採用した車の人気が高く、最近では「鼓動」デザインと銘打った車種は販売面でもすこぶる好調です。

 

「鼓動」デザインはCX-5から採用され、アテンザ、アクセラ、新型デミオとここ数年でフルモデルチェンジされた車にはすべて採用されており、全く同じではなくてもデザインが統一されており、ぱっと見でわかるものとなっております。

 

マツダのホームページなどで販売車種の一覧を見ると、鼓動デザインが採用された車とそうでない車というのは一目瞭然ですぐにわかると思います。

 

逆に車に詳しくない人が見たら、どれも同じ顔に見えても不思議ではないと思います。

 

ベンツ、BMW、アウディといったメーカーでも同じようにデザインを統一することで見た瞬間にどこのブランドの車がわかるようになっているので、マツダぐらいの車種の数だとブランドイメージの確立に効果的なのかもしれません。

 

これがトヨタだったら車種が多すぎて、すべてを統一するなんていうのはまず無理でしょうからね。