エンジン

エンジン記事一覧

マツダを代表する車といえばRX-7というのは間違いないと思います。昔、自動車輸出に関連してアメリカと経済摩擦が起こったときにはMPVがやり玉にあげられたそうですが(アメリカで売れてたので)、ブランドイメージとして思いつくのはやっぱりRX-7ですね。似たような名前でRX-8というのがありましたが、共通点はロータリーエンジン、スポーツカーということ、あとは「RX-」という車名だけだったと思います。それ...

マツダは同社独自のスカイアクティブと呼ばれる技術を使って低燃費を実現していますが(数年前にデミオにスカイアクティブを採用して非ハイブリッド車では初となる30km/Lを達成してニュースになりましたね)、さすがに時代の流れには逆らえずハイブリッド車もひっそりと販売しています。最近のマツダはディーゼルエンジンが話題になるのであまり目立っていませんがアクセラにはハイブリッドモデルが設定されています。とはい...

最近のマツダは一つの車種に設定されているパワートレイン(エンジンやトランスミッションの種類)の数がとても豊富だというのが好印象です。それでいて価格的には他社の同じクラスの車と比較して決して高くなっていないので、マツダもかなり頑張っているなぁと思わせられます。おそらく他社と比較して群を抜いているのは、マニュアルトランスミッションが多く設定されていることではないでしょうか。とくにスカイアクティブと呼ば...

お世辞抜きにマツダが世界に誇る車といえばロードスターであることは間違いないと思います。ロータリーエンジンもありますが、それはひとまず横に置いといて。ロードスターの特長といえば軽量・コンパクトボディにそこそこのエンジンを搭載して、絶対的なスピードよりも運転する楽しさを満喫する車ということでしょう。実際、これまでに発売されたロードスターは3世代ありますが、エンジンスペックだけを見れば特筆するようなもの...

最近はデミオばかりが騒がれている感がありますが、マツダには同じコンパクトカーとして「ベリーサ」という車があることを覚えていますか?このベリーサですが、ボディサイズや価格帯がかなりデミオと被ります。というか、各種装備や性能のことを考えると、ベリーサのデザインが大好きで価格や装備は二の次だ、という人でも無い限りベリーサを選ぶ理由がないのでは?とも思えます。カタログ燃費はベリーサの16.4km/Lに対し...